コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<自民党>岩国哲人氏が政調会顧問に(毎日新聞)

 自民党は7日、党政務調査会顧問に民主党副代表を務めた岩国哲人氏(73)を起用すると発表した。岩国氏は島根県出雲市長を経て96年衆院選で当時の新進党から初当選し、連続4回当選。昨年の衆院選には立候補せず引退した。自民党本部で記者会見した岩国氏は「民主党のあら探しではなく日本の政治のために役に立ちたい」と述べた。

「交代効果」で民主支持率上昇、自民に危機感(読売新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)
荒井氏の事務所費問題、民主内から説明求める声(読売新聞)
横浜・弁護士刺殺、犯行現場にスタンガン(読売新聞)
世界自然遺産 推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

調査捕鯨妨害のSS元船長、傷害罪のみ否認(読売新聞)

 南極海で調査捕鯨をしていた捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」(712トン)に侵入したなどとして、艦船侵入や傷害、威力業務妨害など五つの罪に問われた反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の元船長、ピーター・ベスーン被告(45)の初公判が27日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。

 ベスーン被告は罪状認否で、酪酸入りのガラス瓶を発射して乗組員を負傷させたとされる傷害罪について、「いかなる人も傷つける意図はなかった」と否認。ほかの四つの罪については起訴事実を認めた。

 調査捕鯨に対する過激な妨害行為で知られるSSのメンバーが、日本で刑事裁判を受けるのは初めて。この日は、18枚の傍聴券を求めて朝から427人が列を作った。

 起訴状では、ベスーン被告は2月11日、南極海を航行中の昭南丸に向け、ボートから酪酸入りのガラス瓶を発射して破裂させ、甲板にいた男性乗組員(24)の顔に軽いやけどを負わせたほか、同15日には水上バイクで昭南丸に近づき、侵入防止用の網をナイフで切って船内に侵入したとしている。

僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)
普天間移設「不可能だ」=自民・大島氏(時事通信)
090金融業者8人逮捕=無登録で109倍金利も―警視庁(時事通信)
<追突事故>横浜FCの三浦知良選手が都内で けが人はなし(毎日新聞)
<口蹄疫>行事中止相次ぐ「飛び火」警戒(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。