コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

法科大学院の合格者ゼロ 姫路獨協大、募集停止を検討(産経新聞)

 姫路獨協大(兵庫県姫路市)法科大学院が1月に実施した平成22年度入試で、合格者がいなかったことが9日、分かった。

 同大によると、入試は1月末に行われ、20人を募集。3人が受験したが、合格基準に達した人がいなかった。23年度以降の募集停止についても「経営サイドと文部科学省と協議のうえ検討する」としている。

 姫路獨協大の法科大学院は16年に開設され、新司法試験の合格者は過去4回で3人と全74校中、最少。

【関連記事】
6法科大学院に改善求める留意事項 文科省
法科大学院「改善重点校」に14校 中教審、12校は「改善継続を」
司法修習生3・6%が落第 11月の卒業試験で
北海学園大「カリキュラムに問題」法科大学院が再評価要請 
新司法試験曲がり角 合格率最低の28%

外貨準備、1兆530億ドル=1月末(時事通信)
国立大13校がインフル追試を見送り 流行下火で特別扱い避ける(産経新聞)
<スノーボード授業>北海道初 札幌の小学校(毎日新聞)
前町村会事務局長も逮捕=贈賄容疑、否認-福岡県警(時事通信)
<「1Q84」>「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。